iCAREに入社して | Dev Driven 開発・デザインチーム iCAREに入社して | 働くひとと組織の健康を創る iCARE

BLOG

iCAREに入社して

2021/09/27
+2

 はじめに

8月にフロントエンドエンジニアとして中途入社した武井です。
iCAREにエンジニアとして転職をした感想を書いていきたいと思います!

iCAREについて

入社する前、私がiCAREに抱いていいたイメージは、
『働いている方が活気に溢れている』『優しい方が多い』という印象を持っていました。

実際に入社してみると良い意味で予想を裏切られました。
全員が同じ目的に向かって切磋琢磨しつつ働かれていて、『働いている方が活気に溢れている』というよりは、
『働いている全員が本気で"働くひとと組織の健康を創る"の実現しようとしている』なと感じました。
そして、私自身も入社前よりも"働くひとと組織の健康を創る"を実現したいと、気がついたら本気になっていました。

そして、『優しい人が多い』も同じく予想を良い方向に裏切られました。
困っている人を助けたり、手伝ったりするのは当然のことでした。
そして、その誰一人として嫌な顔をすることがない、仲間に愛を持って接しています。
これは、iCAREが掲げているクレドが隅々まで浸透しているから、実現していることだなと感じています。

devチームについて

成長する機会をたくさん頂いているので、早く貢献できるようになりたい。
エンジニアとして働かせていただいて、今現在、率直に感じていることです。

成長する機会を本当にたくさん頂いています。
時間を取って1on1をしてくださったり、質問に答えてくれたり、ペアプロやレビューをしてくださったりと一緒に働かせて頂いている方々。
プロジェクト、issue、docの整理などの日々の業務。
フロントエンド/バックエンドに特化した勉強会や自分の分からない点にフォーカスを当ててくださった勉強会。
チームのこと、会社全体のこと、他部署のこと、お客様のことを知れる定例。
外部の方々をお招きしたmeetup。
と、思いついただけで、これだけの成長する機会を頂いています。本当に幸せ者です。

だからこそ、早く成長してチームに会社に貢献できるようになりたいです。

最後にエンジニアになってみて

エンジニアになって本当によかったなと思っています。
社会人になってから、こんなに夢中になれることに巡り会えるなんて考えていませんでした。

日々悔しい思いをすることがばかりですが、この悔しさをバネにして成長していきたいです。
そして、Carelyをよりよいプロダクトにしていきたいです。

+2