【Devチーム紹介_Vol.29】フロントエンドエンジニアりょーさん | Dev Driven 開発・デザインチーム 【Devチーム紹介_Vol.29】フロントエンドエンジニアりょーさん | 働くひとと組織の健康を創る iCARE

BLOG

【Devチーム紹介_Vol.29】フロントエンドエンジニアりょーさん

+2

こんにちは!
UI/UXデザイナーをやっております、じゃっきー🦀です!

今回は、天然ポジティブキャラとして社内で話題沸騰、
そして前回に引き続きエンジニアとして勤務するのはiCAREが初めてという、
フロントエンドエンジニアのりょーさんにインタビューしてきました。

※インタビューの際に、一時的にマスクを外して撮影を行なっておりますが、ヘルスケアカンパニーとして十分な感染対策を講じた上で実施しております。

どんな学生時代でしたか?

高校の頃は軽音楽部で、すごく音楽が好きでした。演奏する側はあんまり向いてなかったので…笑、聞く側にまわりました。音楽付きの友達が多いですね。あとは人と話をするのが好きというか...人の話を聞くのが好きです。なので、よく友だちの話を聞いて過ごしていました。

その後、英語コミュニケーション学科に入りました。TOEIC系の英語はできたんですよね。Writingとか、Listeningとか...。それこそ新卒の時は最大限に利用して就活してました。

おお、では英語をよく使う企業へ就職されたのですか?

いえ、ぜんぜん笑。
内装・外装の依頼をもらって、外注さんに仕事を振る、所謂仲介の会社に就職しました。
そこで業者さんの管理や、施工管理をしていました。他にもいろいろ幅広くやらせていただいて。営業とかコンサルティング...どういった施工がいいのかを聞いて提案したりとか、テレマーケティング等々をしていましたね。

そこで3年くらい働いて、退職して、半年くらいエンジニアの勉強をしました。
退職する前から少しずつ勉強してはいたんですが、本腰を入れたのは退職してからですね。フロント側が好きだったので、JavaScriptについて動画を見たり、教材を読んだりして、自分なりのアプリをつくりました。

どのようなアプリを作成されたんですか?

エンジニアじゃない人たちが「こういうサービスあればいいのにな、でも作る時間や技術がないな〜」という【困った】時に、エンジニアと非エンジニアを繋ぐアプリを作りました。そういう【困った】を解決できるアプリが作りたかったんです。転職活動する際のポートフォリオとしても利用できました。

なるほど。そのポートフォリオを持ってiCAREにも来てくださったんですね?

そうです。当時、友人が常に疲労感を感じていたり、休職していたり…仲の良かった上司が過労で亡くなったりしたんです。そういう経験を通して、働く上での健康っていうのをよく考えるようになりました。そんな中、iCAREの企業理念を見て「自分のやりたい事と合っているな」と感じて応募したんです。

面談はどうでしたか?

みなさん話したことをちゃんと聞いてくださるというか、親身に聞いてくださいました。
他の会社だと喋りながらPCをいじってるんですよね。でもiCAREの面談では、ちゃんと目を見て話してくださったのが印象的でした。

一番印象に残っているのは一星さんで、僕が喋ったことに対して全部咀嚼した上での設問をしてくださって。「すごい人だな!」って思いました。会社のいろんなところで発言してらっしゃってますし、会社の全体のことも、DEVチームのこともめちゃくちゃ考えて動かれてますし。実はとてもリスペクトしてます。まだあんまり...というか全然喋れてないんですが...ゆくゆくはしっかりお話したいです!

入ってから1ヶ月くらい、どうですか?

今は改善要望をやったり、古いコードを新しいコードにリプレイスしたり、デザインシステムの一部をやらさせていただいたり…デザイン調査みたいなのもしています。
ずっと学ぶことがあって、それを吸収できて、その吸収したことを手を動かしてアウトプットできるのが楽しいです。エンジニアになって良かったなって思います。インプットするのが好きな人間には良い環境だなと思います。

フロントチームの雰囲気は?

みなさん優しいですね。やすなりさんがみねさん廣澤さんもよく気にかけてくださり、雰囲気も良いと思います。
廣澤さんはメンターとして、1on1を朝夕オンラインでやってくださってました。誰に聞いたら良いかわからないときは、廣澤さんにまず質問したりします。
フロントエンド定例や、アドバイザーの大谷さん、外部の渋谷さんと含めて話したりする機会もあり、そこでコミュニケーションをとれるのも嬉しいです。

DEV以外の方とも喋る機会はありますか?

CSの薄葉さんはたまに喋ります。話し方がうまくて僕によく話を振ってくださいますし、CSとDEVの橋渡し的なこともなさってます。音楽の知識豊富な素敵な方です。

これからやりたいことはありますか?

Carelyを良いプロダクトにしたいです。抽象的ですが笑
たくさんの人に使ってもらえるように、まずは自分の技術をしっかり本気で磨いていきたいですね。

これから入ってくる人に一言お願いします!

求人で見ている以上に素敵な会社だと思います!ぜひ。

いかがだったでしょうか!
ふんわり優しい雰囲気の中からも隠しきれないりょーさんの情熱、伝わったら嬉しいです!

もしもちょっと興味があるぞっと思ってくださった方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひwantedlyから気軽に遊びにきてくださいね。待ってまーす!

+2