人見知りデザイナーがiCAREに入社した理由 | Dev Driven 開発・デザインチーム 人見知りデザイナーがiCAREに入社した理由 – 働くひとと組織の健康を創る iCARE

BLOG

人見知りデザイナーがiCAREに入社した理由

nozaki
2020/12/04

こんにちは🦀

iCARE3人目のUI/UXデザイナーとして入社した、野崎と申します。
ブログを書くなんて何年ぶりだろう、と思いつつ
入社エントリというものに挑戦しています。

出身は伊達政宗と牛タンの国、宮城県です。
最近ではサンドウィッチマンも人気ですね。
地元に戻ると、やや東北弁を喋ります。

前職では子育てをサポートする某会社で、webデザイナーをしていました。
子どもはよくわからない怖いもの→素晴らしくかわいくて尊いもの
という価値観に変わった3年間でした。本当にありがとうございました。

これからも誰かの役に立つようなサービスに関わりたいな、
それにプラスで、何か新しいチャレンジができないかな、
と色々な会社に話を聞きに行っていた最中、見つけたのがiCAREです。

当初の第一印象は「渋谷の爆イケスタートアップ」でした。

いや写真の勢いエグくない??
パリピしかおらんのやないか?渋谷コワい。
と正直思ってました。ごめんなさい。

と言いつつ、 Carelyというサービスがとっても気になり、
会社のHPや社長のブログ、社員の皆様のtwitterを読んでいるうちに
どんどんiCAREが気になって気になってしょうがなくなった私は、
めちゃくちゃ勇気を出して「話を聞きにいきたい」ボタンを押しました。

無事「話を聞きにおいで」と面接に呼ばれたものの、
道中ラブホ街で散々迷い、
道すがらおじさんにゲロを吐かれ(僅差で回避)、
背が高くてコワモテの青木さんが出てきたときは、ちょっと泣きそうでした。

ここから青木さんをひたすら褒める時間になるんですが、いいですか?


青木さんとはオンライン面談から面接まで計3回お会いしたんですが、もう、会うたびに好きになるんです。話がわかりやすくて、それでいてとても前向きで、ずっと頷きっぱなしでした。デザイナーという仕事にとても情熱を持っていて、会社のロゴやプロダクトはもちろん着ているTシャツもPCに貼ってるシールも何もかも自分で作ってるんです。そして自分で言うんですよ「かっこいいでしょ?」って。いやいやあなたがかっこいいわ。それで面接の途中途中ですごく気にかけてくれて、かつフォローしてくれるんです。面接でこんな気にかけてくれた人、今までいなかった…優しすぎる。そして会社の仲間のこともとっても気にかけてて、かつ、自分でも譲れないところがあってっていう葛藤をとーっても熱く語ってくださって、ああ〜この人本当に優しいけど仕事にもめちゃくちゃ真面目な人なんだ〜〜〜めっちゃ頑張ってる人だ〜〜〜あ〜好き〜〜ってなりました


(気持ち悪くて青木さん喋ってくれなくなったらどうしよう)

そんなこんなで無事面接を通して青木さんFANになった私は
内定のお知らせをもらって即よろしくお願いしますメッセージを送りました。

そして前職の仲がいい人に「iCAREに行くことになったよ」って伝えたんですね。

「え!?あの私が大好きな中野さんがいるiCARE?!」
梅田さんがいるところでしょ!俺フォローしてるよ!」
「旦那の会社のクライアントや」

という反応が返ってきて、みんな私よりiCARE知ってんジャン…ってびっくりしたのが忘れられません。
良い会社入ったね〜と言われて、まだ何もしてないのに良い気分になっちゃいました。テヘヘ。

これからはwebデザイナーではなく、UI/UXデザイナーとして、
今までとは全く違うチャレンジをしなければなりませんので、
まだまだ不安ですし、勉強することは山のようにあるわけですが、
iCAREデザイナーチームなら絶対絶対レベルアップできる!と確信しています。
いや、レベルアップしてやります。

青木さんの優しさに甘えすぎず、ギュッと気を引き締めて、
また誰かに良い会社だね、と言われたら、
良い会社でしょ?って自分事でいい気分になれるように頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いします🦀